妻がセックスを拒否したら

産後はとくセックスレスになりやすい

妻がセックスを拒否するという悩みが起きる原因で、もっとも多いのは出産直後という時期から始まったということです。

取り分け一人目を出産したときには、初めての育児に対して心身ともに疲れが出ます。そして母親として母性が強くなりますので、自然とセックスを遠ざけてしまうのは女性の本能です。

また人によっては、セックスがあまり好きではないのに、子供を授かるためという理由で嫌々ながらセックスをしていることもあるようです。

妻が正当な理由もなくセックスを拒否するということは重大な離婚の理由になります。もちろんセックスのために結婚した訳ではないでしょうから、即離婚を考える人もいないと思います。しかし、セックスなしでは我慢できないからといって、不倫に走ったり、風俗で性欲を解消することは避けたほうがいいと思います。そのような行動は、いざ離婚ということになったときに不利な条件になってしまいます。

いろいろある理由の中で出産がセックスを拒否する直接の原因であった場合は、育児に慣れて落ち着いてくると、性欲が戻ることもあります。しかし、育児や家事に協力的でなかったり、セックスを無理強いしたりすることはいけません。そういうことをしていると、妻の性欲が戻ったとしてもセックスを拒否する理由になってしますのです。

とりあえずは、自分で性欲を処理することを考えてください。そして、手を繋いだり、やさしく抱きしめたりといったスキンシップから始めてみるのも一つの方法です。

触ることすら拒否するような重症の場合は、専門のカウンセラーに相談が必要になってきます。 今までのことを振り返ってみて、自分本位のセックスしかしてこなかったということがありませんでしたか。それであれば、妻の方はセックスに対して悪いイメージを持っている可能性が高いです。

要はセックスを拒否する理由が何かを探すことが大切なのです。妻にセックスを拒否され続けると、男性としてのプライドが傷つきますよね。それでも絶対に感情的になってはいけません。焦らずにお互いの気持ちを開いてじっくりと話しあってみることです。