マンネリと離婚

パートナーへの態度を見直してみる

結婚生活がマンネリした状態が続くと離婚に繋がるということが多いようです。

マンネリしているから、刺激を求めて他の人と浮気してしまった。それが原因で離婚することになった。または、マンネリ化した日常が苦しくなって、耐えられなくなって離婚したというケースが多くみられます。

マンネリというのは、トラブルがなく平和な状態が続いているのですから危機感がありません。ですから、パートナーが不満に思っていても気がつくことがないのです。

自分は穏やか生活を送り問題も無く平和な家庭で満足していた。しかし、ある日突然、妻から離婚の意思を突きつけられて原因もわからず驚き慌てるというのは男性のほうですね。

結婚生活のマンネリから離婚になってしまわないためには、妻に対して感謝の気持ちと愛情を表現することが大切なのです。例えば結婚記念日や妻の誕生日には花束を買って帰ったり、いつもは行くことが無い高級なレストランで贅沢に食事の時間を過ごしたりすることです。

たまには、昔に戻って恋人気分で出かけたり、初めての場所へ旅行に連れて行くのもいいかもしれません。付き合っていた頃に行った場所を目的地にして、今からデートしてみるのもオススメです。

相手がマンネリを感じていないのに、自分だけがマンネリを感じているようなら、、何か新しいことにチャレンジしてみましょう。

英会話や楽器を習ってみるとか、料理やガーデニングを始めるなど、今までしていなかったことをやってみることです。新しい人と知り合ったり、活動する世界が広がりますので、日常がどんどん変化していくことでしょう。

パートナーへの態度を見直してみるのもいいことです。普段の会話の内容はどうだったでしょうか。思いやりや感謝の言葉をかけているでしょうか。相手のために何をしているでしょうか。もっと何かしてあげることはありませんか。そうした行動の変化はお互いを幸福にします。

マンネリになったから離婚になった。そうすると、どうでもいいと思っていた相手が実はかけがえのない存在だったことに気がついた。しかし後悔しても元に戻ることはできないのです。