産後はセックスレスになりやすい

授乳している女性は女性ホルモンの分泌で満足してしまう

産後はセックスレスになりやすいものです。

産後からセックスレスになり、そのまま、ずっとセックスレスという夫婦もいるでしょう。

なぜ産後セックスレスになりやすいかというと、授乳している女性は、プロラクチン、オキシトシンなどのセックスのときにも分泌される女性ホルモンが体内に充満するので、性的に満ち足りてしまっているからです。

性的欲求が生まれにくいうえに、会陰切開などでセックスに痛みや恐怖、不安を感じてしまう、もしくは、慣れない育児で疲れていて、セックスする気になれないわけですね。

夫の方も何度かセックスを誘って断られると、次第にやる気がなくなってしまって、セックスレスになるというのが、産後セックスレスに多いパターン。

夫の浮気が起こりやすい時期でもあります。膣への挿入をしなくても、性的に満足させることは可能ですから、なるべく、夫の性的欲求を受け止めてあげたいものです。女性ほどではないにしても、セックスへの誘いを断られると男性も傷つきます。

また、安易に立会い出産をすると、それをきっかけに産後セックスレスになってしまうことも。男性にその覚悟がないのに、無理に立会い出産を強要するのはやめましょう。

産後の女性の体は元に戻るまでに時間がかかりますから、少なくても産後の一ヶ月検診が終わるまでは、セックスレスの方がいいのです。

でも、最低限のセクシャル・コンタクトはとっていないと、出産をきっかけに男女ではなく、パパとママになってしまいます。お互いに我慢と歩み寄りが必要ですが、産後セックスレスにならないために、ほんのちょっと努力しましょう。