セックスレスの原因は肉体的なものと精神的なものがあります

セックスレスとは

日本性科学会は1994年に、セックスレスとは、「特殊な事情が認められないのにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上もなく、その後も長期にわたることが予想される場合」であると定義しました。

セクシャル・コンタクトには、キス、ペッティング、裸での同衾も含まれていますから、ただ性交渉そのものが行われていないという意味ではないわけです。

2004年の厚生労働省と日本家族計画協会の共同調査では、夫婦間でのセックスレスの割合は、およそ三割ほどで、年々増加傾向にあります。高齢の夫婦を含むものの、一年以上性交渉がない夫婦が全体の二割くらいだそうです。

アメリカでは、性交渉が一年に10回を下回る夫婦をセックスレスと呼んでいて、1994年の調査では、二割ほどの夫婦がセックスレスなんだとか。セックスレスの定義をアメリカと同じようにして、日本で調査したら、きっと半分くらいの夫婦はセックスレスなんじゃないでしょうか。

元々、日本の夫婦はセックスの回数が少ないといわれていますが、キスやハグなどの習慣をもっていないのも、セックスレスに拍車をかけているような気がします。夫婦がお互いに不満を持っていないなら、セックスレスでも何も問題はありません。

ただ、時にセックスレスは、不倫、家庭不和、家庭内暴力の原因にもなっており、どちらかがセックスレスに不満を持っている場合は、解決の努力が必要になります。家事や育児、仕事で疲れているとはいっても、キスや抱きしめ合うことにそれほどの時間はかからないはずです。いくつになっても、夫婦間のふれあい、スキンシップは大切ではないでしょうか。

日本性科学会は臨床的な研究や診療を通じて性の健康の推進をはかる専門家の団体で、1979年に前身である日本セックス・カウンセラー・セラピスト協会が設立され1995年に学会組織になりました。

現在は約300名の様々な領域の専門家が会員となっております。具体的な活動としては、性科学に関する学術集会・研修会・研究会の開催、学会誌・情報誌の発行などを行っています。また、セックス・カウンセラー、セックス・セラピストを認定し、その資格を授与しています。